広兼邸全景

広兼邸全景

見事な石垣の上に城の様な建物を建てており、昭和52年と平成6年の二度にわたり映画「八つ墓村」のロケ地ともなった広兼邸は、庄屋で享和・文化(1801~1818)の頃、小泉銅山とベンガラ原料(ローハ)の製造で栄えた。

Sponsored Link



名称  広兼邸
所在地  高梁市成羽町中野1710
TEL   0866-42-3216 高梁市成羽地域局産業建設課、

0866-29-2222 成羽町観光協会吹屋支部

概要  大野呂の庄屋をつとめていた広兼邸は、享和文化の頃(1801年~1817年)2代目
元治が小泉銅山を経営し、合わせて弁柄の製造により産をなして、今みられるお城
のような邸宅を建てました。

この武者返しのような石垣は、現在約半分が土に覆われていますが、石積の見事さは
他に類を見ないほどです。

また、向いの山には花木を植え込んだ衆楽園と称する大きな庭園があり、当時の豪奢
な生活をしのばせています。

料金  (個人)大人300円、小人150円、4施設の周遊券大人850円、

(団体)20人以上、大人280円、小人140円、4施設の周遊券大人750円

開館時間  8:30~17:00
休館日  12月29日~31日
交通  JR伯備線備中高梁駅より車約40分、

JR伯備線備中高梁駅より吹屋行バス55分終点下車徒歩約60分、

岡山自動車道賀陽ICより車約55分、

中国自動車道新見ICより車約40分

駐車場  普通車30台、バス5台

Sponsored Link