西江邸正面

西江邸正面

西江家は関東出身の豪族で、鉱山の経営と宝暦年間(1751~1764)に始まるベンガラの製造によって栄えた。現存する白壁と石州瓦の豪勢な建造物は、宝永正徳時代(1704~1716)のもので幕府直轄地の代官代行所として機能していた。改築を重ねているが、原形はほぼとどめている。

Sponsored Link



名称  西江邸
所在地  高梁市成羽町坂本1604
TEL  0866-42-3216 高梁市成羽地域局産業建設課、

0866-29-2222 成羽町観光協会吹屋支部

概要  西江家は、室町時代末期より当地に居住し、地方豪族として、戦国時代を経過している。

家譜によると、関東平氏の一つ、三浦の出自となっている。

関ヶ原の戦以後、幕府の直領(天領)となった当地方を預る惣代庄屋(大庄屋)となり、
幕府御用銅山を経営した。

当家6代の祖、西江兵ェ門が宝暦年間に弁柄製造に着手し、吹屋弁柄の隆盛の基礎を
創り上げた。

天領の支配を許され代官御用所を兼ねたため簡易白洲を設け、懲罪は当家で裁判を
行っている。

現存する建造物は、宝永正徳年間(1704~1716)のもので、幕府御用宅のため
「館構ぇ」(やかたがまえ)と云う、特別な型式を採っている。

二戸の楼門、総二階の母屋、離座敷、門屋敷、駅馬長屋、及数棟の土蔵で構成
されている。

用材は、床上部分は欅、桜等を多用し、床下部分には栗材を用いており、堅牢である
ことを旨としている。(現地案内板)

特色  ー
料金  (個人)大人300円、高・大学生200円、小・中学生150円、

(団体)20人以上50円引

開館時間  9:00~17:00
休館日  無し
交通  JR伯備線備中高梁駅より車約50分、

JR伯備線備中高梁駅より吹屋行バス60分終点下車徒歩約10分、

岡山自動車道賀陽ICより車約60分、

中国自動車道新見ICより車約25分

駐車場  普通車20台、バス3台

Sponsored Link