小丸山

小丸山

小丸山は従来、周囲に周濠を廻らしている前方後円墳と言い伝えられてきましたが、平成3年の岡山市教育委員会の調査では、古墳説を裏付ける資料は発見されませんでした。

しかしながら、形状等から中世の城砦(辛川城の支城とも)である可能性や、幕末に池田茂政が長州征伐の際に土塁を築いたなどの経緯もあり、歴史的に興味を引かれる場所です。

なお、山頂には「温羅(桃太郎伝説の鬼)」の胴体を祭ったとの伝説がある艮御崎神社があります。(現地案内板)

Sponsored Link



名称 小丸山(こまるやま)
所在地 〒701-1214 岡山市北区辛川市場160
TEL
特色 現地案内板によれば、岡山市教育委員会の調査で古墳を裏付ける資料は発見されなかったとの
事だが、どうみても古墳と思えて仕方がない。

訪問時に出会った方の言によれば、かっては中山中学校がこの小丸山の中腹に有ったとか。

その痕跡は各所に見られる。

交通 JR桃太郎線(吉備線)備中一宮駅より徒歩約10分、

山陽自動車道岡山ICより車で約20分

駐車場 有り(3台程度)ー小丸山の北東に進入路があり山頂の艮御崎神社境内参道脇に駐車可能ー

Sponsored Link