南山明地古墳群

南山明地古墳群

Sponsored Link



小田川合流点付替え事業での南山城跡発掘調査において、南山城跡西側の尾根上に古墳時代の古墳3基ー南山明地2~4号墳ーが並んで築かれているのが見つかった。どの古墳にも周りに円形の溝が掘られており、4号墳では二つの埋葬施設が、2号墳、3号墳には一つの埋葬施設が見つかっている。築造時期は古墳時代前期後半~古墳時代中期前半と考えられている。

 

南山明地2号墳ー周りに溝のある直径約10mの円墳で、一つの埋葬施設が見つかっている。

南山明地3号墳ー周りに溝のある直径約9mの円墳で、一つの埋葬施設が見つかっている。

南山明地4号墳ー周りに溝のある直径約14mの円墳で、二つの埋葬施設が見つかっている。

4号墳の埋葬施設2には、木棺の底に礫が敷かれ、鉄製品(鉾・鍬鋤の刃先、鎌)、滑石製臼玉が副葬されていた。

臼玉は古墳時代に祭祀や装飾品として用いられたらしい。このような小さなものを土の中からよく探し出したものだと思う。滑石で造られている。

納棺の際頭に当たる所の方が下肢に当たる所よりも敷かれている礫の大きさが大きいとの説明があった。