高倉山山頂

高倉山山頂

本宮高倉山(標高458m)は、山頂が広く周囲に岩が群れを成していた為、山自体が御神体として信仰されてきた。山頂からは御津から岡山市方面へかけての旭川、岡山市街、瀬戸内海、大山などを眺めることが出来る。

Sponsored Link



名称  本宮高倉山
所在地  〒709-3103 岡山県岡山市北区建部町角石畝 高倉山
TEL  086-955-6175 赤磐市商工観光課
概要  この山の山頂には古代この地域を収めていた上道氏が高倉児尊を祀った高倉神社が
あったとされており、山頂付近には神社の御神体であったとされる岩が群れを成している。

現在高倉神社は、この山の中腹に移されている。

岡山市と赤磐市が境を接し、眼下には岡山市街や旭川をまた晴れた日には瀬戸の島々、
四国の山々、大山などを望むことが出来、豪族の城跡などもある。

特色 昭和43年赤磐ライオンズクラブの結成記念事業として、山頂への道路建設、清掃、桜や
紅葉の植樹などを行うと共に継続事業としてベンチ、遊具、小鳥の巣箱、藤棚の設置や
整備を続けてきている。

旭川方面に向かってパラグライダーの基地が設けられている。

交通 山陽自動車道山陽ICより車約30分
駐車場  有り

Sponsored Link