大坂城築城残石群

大坂城築城残石群

江戸時代(1620年~1629年)に再建した、大阪城の石垣用の石を切り出す石切丁場の遺跡で、前島大坂城築城残石群と呼ばれ、前島展望台を挟んで、A地区からD地区まで確認されている。

Sponsored Link



名称  大坂城築城残石群
所在地  瀬戸内市牛窓町前島
TEL  0869-34-9500 瀬戸内市観光協会、
0869-34-5250 瀬戸内市観光センター
概要  ここには、江戸時代に再建(1620年~1629年)された大阪城の石垣用の石を切り出す石切丁場の遺跡が残されています。

一般に前島大坂城築城残石群と呼ばれ、A地区からD地区まで確認されています。

石は、矢穴が一直線に入ったものや大割にしたもの、さらには整形して山から引き下ろす寸前のものまで様々で、まるで工夫が最近まで作業していたような感覚を覚えます。

また、残石の中には刻印が刻まれたものがあり、これが大坂城の石垣に刻印されているものと同じであることから、松江藩堀尾家や鳥取藩池田家が前島の石切丁場に関わったことが分かります。

前島に残されている刻印は、A・C地区の分銅文、C地区の輪違い文(堀尾家)、やA地区の池田家などが確認されています。  瀬戸内市(現地案内板)

交通   JR赤穂線邑久駅より牛窓港まで車20分、または牛窓行バス25分、終点下車船5分、車約10分、徒歩約10分、または徒歩30分、

岡山ブルーライン邑久ICより牛窓港まで車15分、船5分、車約10分、徒歩約10分、または徒歩30分、

駐車場  有り

Sponsored Link



前島案内図

前島案内図