三重塔ー真光寺ー

三重塔

桃山時代の慶長18(1613)年に、牛窓の蓮華頂寺(現瀬戸内市牛窓町)にあったものを移築したもので、高さ18.2mある。様式、手法などから室町時代に建立されたものと推定される。 方三間本瓦葺。

Sponsored Link



名称  国指定重要文化財(建造物) 真光寺三重塔附棟札 昭和28年11月14日指定
所在地  〒705-0021 備前市西片上1509
TEL  0869-64-2144 自性院
概要  方三間本瓦葺(ほうさんけんほんかわらぶき)の三重塔で、寺伝によると、邑久郡牛窓町の
蓮華頂寺(れんげちょうじ)にあったものを慶長18(1613)年(棟札による)岡山城下
薬師院の世話で、当時の住職勢恵聖人(せいえしょうにん)の努力によって現在の場所に
移築したものである。

創立は、その様式、手法などから、室町時代のものと思われる。塔頂には青銅製の相輪
(そうりん)を立てた総高18.24m(うち相輪高5.88m)で、軒は二重繁垂木
(にじゅうしげたるき)、軒先の反転が美しく三重の逓減も安定している。

各層に高欄(こうらん)をめぐらしてはいるが、二重、三重には縁板は張っていない。

初重の各面の中央の間に置いた室町時代の特徴をもつ蟇股には、月輪(がちりん)に
種子(しゅじ)を置いた彫刻をふし、四面に四仏種子(しぶつしゅじ)を配したかたちに
なっている。

また、木鼻(きばな)、間斗束(けんとづか)なども、時代の特色を示している。

内部には来迎柱(らいごうばしら)を立てて来迎壁をつくり、須弥壇を設け、その上に、
桃山時代の仏師(ぶっし)八木浄(やぎじょうけい)が三石のろう石で作った大日如来像
が安置されている。

棟札には「慶長葵丑三月十五日」の記がある。(現地案内板より)

交通  JR赤穂線西片上駅より徒歩約4分、

山陽自動車道和気ICより車約10分

駐車場  無し

Sponsored Link