仁科芳雄博士像

仁科芳雄博士像

仁科芳雄は里庄町浜中に生れ、東大工学部電気工学科を卒業、クライン仁科の公式の導出、サイクロトロンの建設、宇宙線の研究など、わが国原子物理学発展の基礎を築いた。太平洋戦争後理化学研究所所長、日本学術会議副会長として科学技術の復興に盡した。1951年歿、61歳。文化勲章受章者、日本学士院会員。仁科雄一郎文撰(現地案内板)

Sponsored Link



名称  仁科芳雄博士像
所在地  〒719-0302 里庄町新庄2405(里庄町歴史民俗資料館前)
TEL  0865-64-7212 里庄町教育委員会、

0865-64-5465

交通  JR山陽本線里庄駅より徒歩約10分、

山陽自動車道鴨方ICより車で約15分

駐車場  ー