がいせん桜ー宿場町新庄ー

がいせん桜

出雲街道の宿場町新庄にある400mにわたる桜並木で、古い町並みと一体となって四季折々の変化に富んだ姿を訪れる人々に見せてくれる。日露戦争の戦勝記念として明治39年に植えられた。花の見頃は4月中旬。

Sponsored Link



名称  郷土記念物 がいせん桜ー宿場町新庄ー 昭和54年3月31日指定
所在地  真庭郡新庄村新庄
TEL  0867-56-2626
概要 日露戦争の戦勝記念として明治39年に宿場町の街路の両側に植樹された「ソメイヨシノ」。

5.5メートルおきに137本、樹齢100年になる老木にかかわらず、今も花を咲かせ
「宿場町新庄」の街並みとともに新庄を代表する風物になっている。

4月中旬頃には、花のトンネル「がいせん桜通り」を中心にがいせん桜祭りが開催され、
全国から数万人の花見客で賑わう。

交通  JR姫新線中国勝山駅より新庄行バス40分、新庄上下車、

米子自動車道蒜山ICより車約15分、

米子自動車道久世ICより車約40分

駐車場  普通車45台、大型車5台(道の駅 メルヘンの里新庄)