メルヘンの里新庄ー道の駅ー

メルヘンの里新庄

「道の駅メルヘンの里新庄」は、新庄川に並行した国道181号線沿いにある道の駅。「メルヘンの里」という名前には、新庄村が、派手な観光、レクレーション開発でなく、文化的資産、人々の感性をいかした村づくりをキャッチフレーズとして個性的に発展して行きたいという願いが込められている。

Sponsored Link



名称  道の駅メルヘンの里新庄
所在地  真庭郡新庄村2190-1
TEL  0867-56-2908
概要  「メルヘン」という言葉は、ヨーロッパ中部のドイツで誕生しました。

「おとぎ話」、「昔話」、「童話」、民話」、「伝承」というように訳され
ますが「明るい」、「夢のある」、「現実的には満たされない願望」、
「幻想的な」、「純粋で美しい」、「あまいムードに満ちたもの」という
イメージをもつ言葉でもあります。

新庄村は岡山県の北、鳥取県鏡に在り、名峰大山、蒜山高原の西南に位置して
います。

この新庄村が個性的に発展していくために、派手な観光、レクレーション開発で
なく、文化的資産、人々の感性をいかした村づくりをキャッチフレーズとして
「メルヘンの里新庄」が誕生しました。

この豊かな自然の中で、子供、女性、お年寄り、若者の夢を満たす村づくりを
めざし、そこには、美しい山々、豊かな実り、人々の笑顔がある。

「メルヘンの里新庄」にはこんな村民の願いがこめられています。(現地案内板)

販売品目 野菜、地元特産品
併設施設 情報ターミナル、観光案内所、食堂
開館時間  4月~11月9:00~18:00、12月~3月9:00~17:00、

(軽食コーナー11:00~15:00)

定休日  1月~3月の水曜日、12月30日~1月2日
交通  JR姫新線中国勝山駅より車約30分、

米子自動車道久世ICより車約40分、

米子自動車道蒜山ICより車約15分

駐車場  普通車45台、バス5台