寄島園地方面ー青佐山御台場展望台よりー

寄島園地方面

青佐山(標高249m)の東側中腹に、文久3(1863)年鴨方藩が海防のために築いた台場跡がある。この台場跡付近の展望台からは、塩飽諸島や笠岡諸島の多島美が楽しめるほか、瀬戸大橋がほぼ真横から展望できる。砲車は、明治4(1871)年の廃藩置県とともに廃棄され、石塁砲門を据えた跡のくぼ地が残されているだけである。

 

Sponsored Link



名称  青佐山御台場展望台
所在地  浅口市寄島町青佐
TEL  0865-54-5116 浅口市寄島総合支所産業建築課
展示種類  嘉永6(1853)年、攘夷論が盛んになると岡山藩(鴨方藩主池田政詮)でも海防の必要を認め、
奉行岡本甚等をして外国軍艦の来襲に備え、沿岸各地に台場を造らせたが、その一つとして
本町に造られたのが、青佐山台場である。

台場では試射の時、砲弾は、やく三郎島(寄島)付近に達しただけであったという。

台場は、藩士渡辺淡水がこれを管理したが廃藩と共に廃棄された。

現在砲車は、町総合福祉センターへ保存している。

寄島町文化財保護委員会 寄島町教育委員会(現地案内板)

交通  JR山陽本線里庄駅より寄島行バス15分、終点下車徒歩約30分、

山陽自動車道鴨方ICより車約15分

駐車場 無し