本堂ー定林寺ー

本堂

玉叟山定林寺は、8代水谷勝隆公の時、寛永16(1639)年、備中成羽へ移封となり、次いで寛永19(1642)年備中松山城主となった。これを機会に翌寛永20(1643)年、下館にあった定林寺をこの地高梁に移した。

Sponsored Link



名称  玉叟山 定林寺(ぎょくそうざん じょうりんじ)
所在地  〒716-0008 高梁市和田町4056
TEL  0866-22-3443
宗派 曹洞宗
御本尊 釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)
展示種類  曹洞宗格地院で、寛永20(1643)年備中松山藩主水谷伊勢守勝隆公
(みずのやいせのかみかつたかこう)が下館定林寺をこの地に移し、備中国僧録所
となった。境内には水谷勝隆公及び三代勝美(かつよし)公の二基の五輪塔がある
(市指定重要文化財)。

二代勝宗公は江戸に歿し泉岳寺に葬られている。

松山踊りは勝隆公の時、慶安元(1648)年踊り始めた。

水谷公三代は玉島新田の開発や高梁川の船通し等開発に努力し、寛永19(1642)年、
五万石で入封し、元禄6(1693)年除封になった時の検地高は11万石にのぼった。
(現地案内板)

交通  JR伯備線備中高梁駅より徒歩約10分、

岡山自動車道賀陽ICより車で約15分

駐車場  ー

Sponsored Link