吉備津彦神社 本殿

吉備津彦神社 本殿

吉備津彦神社 本殿は、寛文8年(1668)岡山藩主 池田光政が造営に着手、江戸時代中期の元禄10年(1697)、光政公の子、池田綱政により完成された、三間社流造り・檜皮葺の優美な社殿。昭和43年4月19日、岡山県指定重要文化財 建造物に指定。

Sponsored Link



名称 岡山県指定重要文化財 建造物 吉備津彦神社 本殿 昭和43年4月19日指定
所在地 岡山市北区一宮1043
TEL 086-284-0031
交通 JR吉備線備前一宮駅より徒歩約3分、

山陽自動車道岡山ICより車約10分、

岡山自動車道総社ICより車約15分

駐車場 普通車100台