岡山藩三代藩主、池田光政(1609~1682)、姫路藩主池田利隆の嫡子。姫路藩主・鳥取藩主を経て岡山藩主となり、岡山藩の基礎を固めると共に、重臣 津田永忠に命じて閑谷学校を建設する。

Sponsored Link



名称  池田光政(1609~1682)ー閑谷学校ゆかりの人ー
役職   岡山藩三代藩主 諡(おくりな) 芳烈公(ほうれつこう)
略歴  慶長14(1609)年姫路藩主池田利隆(当事備前監国)の嫡子として岡山に生れる。

母は二代将軍秀忠 養女の鶴子。

元和2(1616)年父利隆没後、姫路藩主を継ぐが年少を理由に鳥取(因幡・伯耆)に
移封される。

寛永9(1632)年伯父である岡山藩主池田忠雄が死去し、嫡子光仲との国替えにより
岡山藩主となる。

妻は天樹院千姫の娘勝子。

儒学における仁政の実現をめざし、陽明学者熊沢蕃山や津田永忠を重用し、飢民救済や
新田開発、藩政改革等により岡山藩の基礎を固めた。

また、寛文6(1666)年藩士師弟のために石山仮学館(同9年西中山下に藩校新設)、
寛文8(1668)年庶民のために領内に123ヶ所の郡中手習所(後閉鎖、閑谷学校に統合)、
寛文10(1670)年閑谷学校を建設するなど領民の教化に情熱を注いだ。

天和2(1682)年没。墓所は吉永町和意谷。(現地案内板)