旧大原家住宅

旧大原家住宅

Sponsored Link



江戸時代後期のこの地方の代表的な町屋の一つ。綿の仲買で大いに栄えた大原家の住宅で母屋をはじめ離座敷、内倉、倉など10棟の建物と宅地が国の重要文化財に指定されている。大原美術館の前、倉敷川の終点近くに架かる今橋を渡った所にある。

名称  国指定重要文化財 建造物 旧大原家住宅 昭和46年3月11日指定、昭和57年6月11日宅地追加指定
所在地  〒710-0046 倉敷市中央1-2-1
TEL  086-426-3851
主要展示品  大原家ゆかりの品、倉敷美観地区の歴史が分かる資料など
特色  江戸時代後期の倉敷の町家の特色を残している
料金  大人ー500円、団体20人以上400円、

高校生以下ー400円、団体200円、

未就学児童は無料

開館時間  9:00~17:00(最終入館時間16:30)
休館日  月曜日
交通  JR倉敷駅より徒歩約15分、

山陽自動車道倉敷ICより車で約20分、

瀬戸内自動車道早島ICより車で約15分

駐車場  無し(倉敷美観地区周辺に市営駐車場など有料駐車場あり)

Sponsored Link