倉敷千歳楽

倉敷千歳楽

Sponsored Link



倉敷千歳楽(くらしきせんざいらく)は、阿智神社の祭礼に合わせて行われる太鼓神輿で、江戸中期頃盛んであったと言われている。昭和47年に有志が保存会組織を作り、その灯をつないでいる。この太鼓神輿は、春のハートランド倉敷(5月)、夏の倉敷天領夏祭り(7月)でも繰り出し祭りを盛り上げている。