城山稲荷神社

城山稲荷神社

Sponsored Link



この付近は、戦国時代まで小野城という砦があった所。この城山稲荷神社は、明応2年(1493)に当時の城主小野好信が伏見稲荷を勧請して祠ったのが始まりで、元和5年(1619)になって城山稲荷大明神と命名され、江戸時代を通じて霊験あらたかな神としてこの地の人々の信仰を集めた。明治21年(1888)倉敷紡績所建設に際し向市場町に移転したが大正3年(1914)年現在地に再移転して今日に及んでいる。(現地案内板を参考)

名称 城山稲荷神社ー倉敷城跡ー
所在地 〒710-0054 倉敷市本町16
TEL
特色 倉敷アイビースクエア、フローラルコートの横、倉敷城跡に祀られている稲荷神社。
交通 JR山陽本線倉敷駅より徒歩約15分、

山陽自動車道倉敷ICより車約15分、

瀬戸中央自動車道早島ICより車約10分

駐車場 普通車120台、バス10台

Sponsored Link