濠ー旧足守藩木下家陣屋跡ー

濠ー旧足守藩陣屋跡ー

足守侍屋敷から足守小学校横の利玄道を通って、近水園に行く時左側に芝生の公園がある。何もないので見過ごしがちだがこれが、旧足守藩の陣屋跡。良く見ると周囲が濠で囲まれておりまた利玄生家ともかってはつながっていたとの説明もある。

Sponsored Link



名称  旧足守藩木下家陣屋跡
所在地  岡山市北区足守
TEL  ー
展示種類  足守藩祖木下定家は、もと杉原家定と称していたが、実妹の「ねね」が豊臣秀吉の
正室(北政所)であったので、秀吉の立身出世に伴って一族に処遇されて、木下、
続いて羽柴を、そして豊臣の姓を名乗ることと、豊臣家と同じ菊花紋と五七桐紋の家紋
を使用する事も許されていた。秀吉の死後、慶長5(1600)年に起きた関ヶ原の合戦のときには2万5千石を領有して
姫路城主であり、ねねを守護して中立の立場をとり、徳川家康の天下となった後の
慶長6(1601)年3月に、備中賀陽郡と上房郡内に同じ石高で移封されて、足守藩を立藩
することとなった。

家定が慶長13(1608)年に死亡した後、徳川家康が長男勝俊と二男利房の二人に、遺領
を継ぐように命じたが、ねねが勝俊一人に相続させようとしたため、翌年に足守藩主
木下家の領地は没収されて、浅野長晟が藩主に封じられた。

その後に、長晟は和歌山藩主に転出して、足守領は幕府の直轄領となった。

ほどなく、元和元(1615)年の大阪夏の陣の後に、家康の幕下に属していた木下利房
が再び足守藩主に封じられ、6年目にして足守藩主木下家は復活し、以降明治維新に至る
まで存続して13代の藩主を数えた。

利房は宮路山南東山麓のこの地に築造した藩主の居館の屋形構(御屋敷)を中核にして、
藩庁や侍屋敷さらには町屋の整備を図って、治所の建設に努め、5代藩主利貞の
とき(17世紀後葉)に足守藩陣屋敷の完成をみた。

明治維新後に屋形構の廃止された跡地は、文教施設の場として、旧制女学校、公民学校、
青年学校、新制足守中学校などに承継され、最後に使われていた足守小学校のプールと
足守幼稚園が移転された後、平成7年公園整備がされて芝生の広場に活用されるように
なった。岡山市(現地案内板)

交通  JR岡山駅より大井行バス約45分、足守郵便局前下車徒歩約5分、

岡山自動車道岡山総社ICより車約10分

駐車場  普通車20台、バス3台(足守観光駐車場、無料)

Sponsored Link