小野小町姿見の井戸

小野小町姿見の井戸

Sponsored Link



平安時代、絶世の美女として知られていた小野小町が疱瘡を患いこの地で療養していた時、この地の日間薬師(ひるまやくし)に病気平癒の願を立てると共にこの井戸を鏡として自分の顔を映して病気平癒を願っていたという井戸。疱瘡が全治した後も父、小野備中守常澄の赴任地であった都窪郡黒田村に帰って小庵を建て尼となって一生を終えたといわれている。