倉敷代官所跡

倉敷代官所跡

ここアイビースクエア附近一帯は、戦国時代の砦の跡で、関が原の合戦で東軍が勝利を得てから徳川幕府の直領(天領)となり、大阪冬の陣の時、兵糧米を倉敷湊から大阪に積み出すため陣屋とした。それ以来、寛永19(1642)年には倉敷代官所となり、以後明治維新にいたる二百余年間、倉敷代官所は備中(倉敷)美作(久世)讃岐(塩飽諸島)の天領を支配してきた。

Sponsored Link



名称  倉敷代官所跡
所在地  〒710-0054 倉敷市本町8-30
TEL  086-422-0011 倉敷アイビースクエア
歴史  古来この附近一帯は「小野が城」または「城の内」と呼ばれ、戦国時代の砦の跡といわれる。

慶長5(1600)年関が原の合戦で東軍が勝利を得てから、この地は徳川幕府の
直領(天領)となった。

慶長19(1614)年大阪冬の陣に備中国総代官小堀遠州は幕府の命をうけ、
兵糧米十数万石を倉敷湊から大阪に積み出すため、ここに屋敷を構えて陣屋とした。

それ以来倉敷湊は急速な発展を遂げ、寛永19(1642)年に陣屋は倉敷代官所となり、
初代幕府代官米倉平太夫赴任してきた。

それより明治維新にいたる二百余年間、倉敷代官所は備中(倉敷)、美作(久世)、
讃岐(塩飽諸島)の天領を支配する枢府となった。

天保5(1834)年には代官所北側に倉敷教諭所が建てられ明倫館と名付けられた。

それ以来、この地は文教の中心地となった。

幕末になって尊皇佐幕で天下が物情騒然のとき 慶応2(1866)年長州奇兵隊を
脱走した一味約100名は、倉敷代官所および浅尾藩(総社市)を襲撃し世にいう
倉敷浅尾騒動をおこした。

このため代官所は灰燼に帰し焼け野が原となった。

明治の維新政府は、代官所跡に倉敷県庁を置いたが、明治4年倉敷県が廃止されてからは
放置されたままになっていた。

その後地元の先覚者達によって、明治21年3月9日代官所跡に倉敷紡績所(倉敷紡績株式会社)
が創設され、紡績工場の汽笛が鳴りひびいた。

以来、倉敷紡績の隆盛は倉敷の発展に寄与するところとなった。

倉敷紡績では、この地が古くより倉敷発展の中心地であるのみならず また、会社発祥の
由緒ある地であることにもかんがみて、記念保存地区に指定し、この地一帯がよく伝え残される
ことを希望している。(現地案内板)

交通  JR山陽本線倉敷駅より徒歩約15分、

山陽自動車道倉敷ICより車約15分、

瀬戸中央自動車道早島ICより車約10分

駐車場  普通車120台、バス10台