牛窓天神山古墳

牛窓天神山古墳

天神山の山頂尾根に築造された墳長85メートルの前方後円墳。埴輪や墳形の特徴から4世紀中葉から後半の古墳と考えられ、牛窓湾を取り囲むように分布する5基の前方後円墳のうち、最初に築造された古墳。

Sponsored Link



名称 市指定史跡 牛窓天神山古墳 平成16年11月1日指定
所在地  〒701-4302 瀬戸内市牛窓町牛窓
TEL 0869-34-5250 瀬戸内市観光センター
展示種類 牛窓天神社の背後の天神山古墳尾根を加工して築造された墳長約85mの前方後円墳である。

後円部に比べて低く幅がせまい前方部をもっている。

墳丘からは円筒埴輪(えんとうはにわ)・壷形埴輪(つぼがたはにわ)の破片が見つかって
おり、円礫(えんれき)による葺石(ふきいし)もみられる。

埋葬施設(まいそうしせつ)はは明らかでないが、竪穴式石槨(たてあなしきせっかく)
の一部と思われる板状の割石が後円部の頂部に露出している。

埴輪や墳形の特徴から四世紀中葉~後半の古墳と考えられ、牛窓湾を取り囲むように分布
している五基の前方後円墳のうち最初に築造された古墳である。

瀬戸内市教育委員会(現地案内板より)

交通  JR赤穂線邑久駅より車約20分、または牛窓行バス25分終点下車徒歩約5分、

岡山ブルーライン邑久ICより車約15分

駐車場 無し、牛窓港周辺に短時間駐車可能な駐車場あり