矢掛 大名行列

矢掛 大名行列

矢掛町は江戸時代、参勤交代で往来する諸大名の宿場町として栄え、本陣・脇本陣をはじめ往時の町並みを今に伝えている。毎年11月の第2日曜日にこの町並みを舞台に大名行列が再現され、「したに~、したに~」の声と共に約80人で編成された豪華な大名行列が街道を練り歩く。

Sponsored Link



大名行列配置

本陣当主   本陣の亭主

先払      行列の先頭を警護 武士

道中奉行   旅程を管理する重臣 武士

袋槍      主人の槍を持つ家来 若党

鉄砲      鉄砲隊の者 武士

奴頭      奴の頭

挟箱      武家の格式を表わす挟箱(衣類を入れる箱)を持つ者 奴

毛槍      道中においてのみ用いる白毛黒毛の対槍 奴

立傘      姫君の供。長柄傘を持つ 若党

近習侍     大名の側近くで奉仕する役 武士

殿様      大名

小姓      主君の側近くに仕えて雑用をする武士 武家の職名

御乗物舁丁  大名の駕籠を担ぐ 中間

奥方      大名の妻

腰元      姫君の身の回りの世話をする未婚の女性 武家奉公人

姫君      大名の娘

Sponsored Link



御典医     大名の健康菅理をする医者

茶坊主     大名の茶席の相手をする茶人

家老      藩政を総括する重臣 武士

近習侍     大名の側近くで奉仕する役 武士

勘定奉行   藩の金庫番。行列の旅費の菅理責任者 武士

近習侍     大名の側近くで奉仕する役 武士

湯茶箱     弁当、茶道具を担ぐ 中間

武具奉行   荷物運搬人の菅理責任者 武士

近習侍     大名の側近くで奉仕する役 武士

鉄砲      鉄砲隊の者 武士

袋槍      主人の槍を持つ家来 若党

毛槍      道中においてのみ用いる白毛黒毛の対槍、奴

Sponsored Link



Sponsored Link