本堂・阿弥陀堂ー本宮山円城寺ー

本堂・阿弥陀堂

初め本宮山正法寺と称して、行基の開山と伝えられ、鎌倉中期現在の地へ移されて円城寺と改めた。今は地蔵院、医王院を残すだけであるが、昔は十余の僧坊が立ち並び門前町として非常に栄えた。今も小規模ながら門前町のおもかげを、そこかしこで見受けることができる。

Sponsored Link



名称 本宮山円城寺
所在地  〒709-2412 岡山県吉備中央町円城742
TEL  0867-34-0004
概要 千手観音を安置する本堂は、弘化3年(1846)の再建。

その他寺域に阿弥陀堂、提婆天の社がある。

古から「加茂の提婆は人をとる」ちいわれているが、これは深夜寺域の古木に呪釘を打つと、
提婆のつかわしめ(キツネ)が相手にとりついて殺してしまうという云い伝えからきたものと
思われる。 環境庁・岡山県(現地案内板)

文化財 岡山県指定重要文化財 石造美術 石造宝篋印塔 昭和34年3月27日指定
特色 庫裡の門ー天保の羅災でほとんどの建物が再建された中、この門のみが難を免れた。

鎌倉中期再建r当時のものではないかとも言われている。

交通 JR岡山駅から車で約60分、

山陽自動車道岡山ICから車で約40分

駐車場  普通車25台、バス3台

Sponsored Link