倉敷考古館

倉敷考古館

倉敷民芸館に続き昭和25(1950)年に開館。江戸時代の米倉を改装、吉備地方を中心とした出土品、出土器、各時代(縄文・弥生・古墳・奈良・室町)の代表的な考古学資料を年代順に展示。

 

Sponsored Link



名称  倉敷考古館
所在地  倉敷市中央ー1-3-13
TEL  086-422-1541
展示種類  吉備地方を中心とした出土品、各時代の代表的な考古学資料
主要展示品  岡山市内操山、金蔵山古墳からの出土品
特色 吉備地方を中心とした出土品、先土器、縄文、弥生、古墳、
奈良~室町各時代の代表的な考古学資料を年代順に展示。

倉敷考古館は、前に架けられている中橋と相まって、倉敷美観地区の代表的撮影
スポットとしても人気がある。

料金 (個人)大人400円 高・大学生250円 小・中学生200円、

(団体) 30人以上 大人250円 高・大学生150円 小・中学生100円

開館時間  3月~11月 9:00~17:00 受付16:30、

12~2月 9:00~16:30 受付16:00

休館日  月曜日(祝日の時は開館)12/29~1/2
交通  JR山陽本線倉敷駅より徒歩約10分、

山陽自動車道倉敷ICより車約15分、

瀬戸中央自動車道早島ICより車約10分

駐車場  無(美観地区周辺駐車場利用)
URL 倉敷考古館

Sponsored Link