倉敷民芸館

倉敷民芸館

民芸のよき理解者であった大原孫三郎が、滋賀県出身の民芸運動家であり染色家の外村吉之介氏を招き、江戸時代に建てられた米倉を活用して、戦後間もない昭和23(1948)年に開館。

Sponsored Link



名称  倉敷民芸館
所在地  倉敷市中央1-4-11
TEL  086-422-1637
展示種類  漆器 木工品 竹細工 紙工品 陶器
主要展示品  初代館長 外村吉之介氏が収集した国内外の民藝品。
特色 倉敷の代表的な米蔵を改造し、昭和23年開館 白壁に黒の貼り瓦という建物自体が
一大民芸品で、古今東西の民芸品700点を陳列。

倉敷民芸館は、倉敷における民家活用の先駆けとなり、伝統的建造物保存の
きっかけとなった。

料金 (個人)大人700円 高・大学生 400円 小・中学生300円、

(団体)30人以上 大人600円 高・大学生250円 小・中学生200円

開館時間  3月~11月 9:00~17:00 受付16:45まで、

12月~2月 9:00~16:15 受付16:00まで

休館日 月曜日(祝日の時は開館) 12/29~1/1
交通 JR山陽本線倉敷駅より徒歩約10分

山陽自動車道倉敷ICより車約15分、

瀬戸中央自動車道早島ICより車約10分

駐車場 無(美観地区周辺駐車場利用)
URL 倉敷民芸館

Sponsored Link