津山洋学資料館

津山洋学資料館

江戸時代の「洋学は」日本の近代化に重要な役割を果した。津山では、宇田川玄随にはじまり同玄真・同榕庵・箕作阮甫およびその一門 津田真道他 数多くの人々を輩出し「洋楽」の発展と普及に貢献した。津山洋学資料館では、これらの人々の資料を中心として収集・保管・展示している。(新館移転 新館オープン平成22年3月)

Sponsored Link



名称  津山洋学資料館
所在地  〒708-0833 津山市西新町5
TEL  0868-23-3324
展示種類  津山を代表する洋学者で、津山藩医の宇田川家三代・箕作阮甫(みつくりげんぽ)
等の美作地方出身の洋学者の紹介と資料展示。
主要展示品 解体新書、西説内科撰要、新製興地全図、オランダカルタ、
当時の医療器具など。
特色  建物の設計者ー象設計集団の建築家、富田玲子氏
料金  大人300円、高校・大学生200円、

団体(30人以上)ー大人240円、高校・大学生160円、

小中学生ー無料、

開館時間  9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日  月曜日(祝日の場合は翌日休み)、年末年始(12月29日~1月3日)
交通  JR津山駅より東循環ごんごバス南廻り線で10分
西新町バス停下車徒歩約2分、

中国自動車道津山ICより車で約10分、

中国自動車道院庄ICより車で約15分

駐車場  有り
URL  津山洋学資料館