日月水火神社

日月水火神社

遥照山に行っていつも思うのが、何とも不思議な名前の神社です。日月火水木金土と並んでいるのかと思えば、そうでもなく、火と水が逆の順序に、またその読み方も「ひつききびじんじゃ」。同じ境内には、観音様や龍神様も祀られています。

Sponsored Link



名称  日月水火神社(ひつききびじんじゃ)
所在地  〒719-0234 浅口市鴨方町益坂1867-33
TEL  ー
祭神 大元皇大神(だいげんすめおおかみ)様、国常立大神(くにとこたちおおかみ)様、

神素戔嗚大神(かむすさのおのおおかみ)様、

大元皇大神様ー大宇宙を創造され、運営される無限絶対無始無終の垠之神です。

国常立大神様ー大元皇大神様の分神として、大地の修理固成をされ、日月星辰を生み出された
神様です。

素戔嗚大神様ー神社名の日月は、天の陰陽を、水火(きび)は地の陰陽を意味します。

天地が一体となり陰陽が融合して完全な力動を発揮され、三界の大草正を司宰される神が
素戔嗚大神様です。

なお水火(きび)と読むのは、神業の機微に通じ、神代より秘められた天地を救う一厘の
仕組み-吉備経綸ーを意味すると共に、神秘な言霊によるものです。

明星観音様 明星観音様は、天照皇大神様の分霊であり人々を導く明けの明星として、観音様のお姿に身を
顕わされたものです。大変強い法力を持っておられ、人間の心の病、身体の病を聞き届け、
あらゆる人々に救いの手をさいのべて下さいます。「奇跡や偶然を与えて見せよう。

三穂希祐月の身代わりと思ってもかまわない、働きますぞよ」
とお言葉を戴いております。

観音様にお祈りすることにより、自分自身の魂の浄化と、人生の開花が望まれます。

 日月龍神様 大宇宙を創造された宇宙の元の神様。

大元皇大神様が、宇宙を動かし、地球を動かし、すべてを動かして世界のやり直しをされるために
五柱の龍体のお姿をもって顕現されたのが日月龍神様です。

宇宙の元の神様が陽、日月龍神様が陰で、陰陽和合の偉大なお力によって、宇宙の大浄化が
行われます。(現地案内板)

 交通 JR鴨方駅から車で約20分、

山陽自動車道鴨方ICより車で約15分

 駐車場  ー

Sponsored Link