吉備真備公銅像ー吉備真備公園ー

吉備真備公銅像

矢掛町の東端に近い所、旧山陽道(現国道486号線)の北側、吉備真備公の居館跡と伝わる地に造られた公園。吉備真備公の巨大な銅像が建立され、藤棚や古代の丘、無料休憩所「館址亭」、囲碁発祥の地記念碑などが造られている。

Sponsored Link



名称  吉備真備公園
所在地  矢掛町東三成3872-1
TEL  0866-83-1265
概要  この地三万㎡は古代の布目瓦を出土し、古来から「壇の内」と呼ばれ、吉備真備公の
居館跡とされ史跡に指定されている。

遣唐留学生吉備真備公が天平7(735)年当時世界最高と言われた貴重な文物をもち
帰ってから1,250年になるのを記念して県民有志により中国西安市に日中友好のしるし
の記念碑を建立した。

これを記念して吉備真備公の地元矢掛町によりここ館址に記念公園を建設。

記念公園には80mの石敷き参道の正面に上下二段の基壇を造り古代中国で皇帝が
五穀豊穣を祈った天壇の形式とし、上段中央に総高6.45mの吉備真備公の銅像を安置、
周囲に絵巻石屏風、大碁盤、日時計を配置し、広場に館址亭、産湯の井戸を整備した。

また、背後の林地を「古代の丘」として、前方後円墳を形どった広場に環状列石風に
オブジェを建て四方を守る方位石、古代風俗を示す風物石、吉備公の功績を示す歴史石
を配置、周囲は森林浴を満喫できる憩いの場とし、県下唯一の古代オブジェ公園を造成した。
(現地案内板参考)

日本の歴史公園100選。

主要施設  吉備真備公銅像(高さ6.45m)、絵巻石屏風、大碁盤、日時計、館址亭ー無料休憩所ー、
古代の丘ーオブジェ公園ー、藤棚、囲碁発祥の地記念碑、
隣接史跡  吉備公館址ー下道氏の館址ー

吉備大臣宮ー瓦谷廃寺跡(下道氏墓所を祀る寺院)との説、

吉備大臣産湯の井戸

祭り  吉備公祭(5月5日)-子ども神楽、手打ちうどん、カラオケ大会、餅まき大会などー

吉備保光会主催

開館時間  館址亭ーうどん処11:00~14:00、無料休憩所9:00~16:00ー
休館日  無し(年数日臨時休業あり)
交通  井原鉄道井原線吉備真備駅から徒歩約15分、

山陽自動車道玉島ICより車約10分

駐車場  有り

Sponsored Link