細谷川の丸木橋

細谷川の丸木橋

細谷川の丸木橋

細谷川の丸木橋ー吉備の中山の備前と備中の境目の川として知られた細谷川を、福田海から藤原成親遺跡方面へさかのぼっていく途中に、細谷川の丸木橋と書かれた石碑がある。

Sponsored Link



今は無くなっているが、この写真を撮影した2010年には、平家物語で語られた平通盛小宰相の悲恋の物語を思い起こさせるかのように朽ちかけた丸木橋が架けられていた。

「我が恋は 細谷川の まろ木橋 ふみかへされて 濡るる袖かな」(平通盛)
「唯のため 細谷川の まろ木橋 ふみかへしては 落ちざらめやも」(女院)

この悲恋の物語については、「大和言葉」ーあなどれない江戸時代の女性の教養書ー 児玉敏昭著 文芸社発行の102(各見出し語の整理番号)をご参考に

Follow me!

前の記事

鏡岩ー吉備の中山ー