吉備大臣産湯の井戸

吉備大臣産湯の井戸

矢掛町の東端に近い所、旧山陽道(現国道486号線)の北側、吉備真備公の居館跡と伝わる地に造られた吉備真備公園の南西の隅、一段低い所に井戸がある。この井戸が吉備真備公が産湯を使った井戸と言われている。

Sponsored Link



名称  吉備大臣産湯の井戸
所在地  矢掛町東三成3872-1 吉備真備公園内
TEL  0866-83-1265
概要  吉備大臣御誕生の前夜、東の空から明るい光の尾をひいて一つの星が流れ御館の西の
井戸に落ちました。

そして次の夜輝くばかりの玉のような男子が誕生し御館は歓びにわき、この井戸を
「星の井」と呼び、この水で産湯を使われましたので、それからこの井戸が
「吉備大臣産湯の井戸」と言い伝えられています。(現地案内板)

交通  井原鉄道井原線吉備真備駅から徒歩約15分、

山陽自動車道玉島ICより車約10分

駐車場  有り