百間川一の荒手

百間川一の荒手

一の荒手は、岡山城下を旭川の洪水から守るため開削した百間川放水路に流入する水量を調節するための洗堰(越流提)。三つの洗堰(一の荒手・二の荒手・三の荒手)が設けられたが、現在、一の荒手・二の荒手のみが残っており、三の荒手は消失している。江戸時代、津田永忠の指揮の下で構築され、構築当初の原形を一部ではあるが留めた全国唯一の施設。

Sponsored Link



名称  土木学会選奨土木遺産 百間川一の荒手・二の荒手 平成27(2015)年認定
所在地  岡山市中区今在家地先
TEL  086-293-3211 岡山県古代文化センター
特色  荒手(越流提)とは洪水を調整するために一部分を低くした堤で、ここ百間川の荒手は、
貞享3(1686)年から4年にかけて整備したと考えられている。

三の荒手は、明治25(1892)年の洪水で流出し今は残っていない。

背割り堤は、旭川から百間川を分けるための堤でその端部の洗堰に面した部分が亀の甲。

一の荒手と二の荒手は、「百間川大水尾旧跡」、「米田の旧堤防」と共に
「百間川の治水施設群」として、平成27年度土木学会選奨土木遺産として認定されている。

交通  JR山陽本線西川原駅より徒歩約35分、

山陽自動車道岡山ICより車で約25分

駐車場  ー

Sponsored Link



一の荒手

二の荒手