瀬戸内海ー児島風の道鷲羽山駅よりー

瀬戸内海

児島市街の中心地から鷲羽山、下津井までの下津井電鉄の跡地が遊歩道、自転車道として整備されている。常に車を意識しながら歩かないとダメになった車社会の中、車を全く意識しないで道路脇の花や、瀬戸内の風景を楽しみながら歩けるのがうれしい。

Sponsored Link



名称  児島「風の道」
所在地  倉敷市児島
TEL  086-473-1116 倉敷市役所児島支所建設課
概要 廃線となった下津井電気軌道の跡地(児島~下津井間約6.3km)を倉敷市によって歩行者
・自転車道として整備したもの。

下津井電鉄の旧児島駅舎をそのまま残して「風の道」の発着点としている(駅舎内は金曜
日と年末年始を除く土・日・祝日などの休日にのみ開放)。

途中駅のホームや架線の電柱がそのまま残され、電車が動いていた当時の面影をたどること
が出来る。

また、道の両脇は地元住民の方々により維持整備され花などが植えられていて楽しみながら
歩ける。

ルート、

旧児島駅-旧備前赤碕駅-旧阿津駅-旧琴海駅-旧鷲羽山駅-旧東下津井駅-旧下津井駅
JR瀬戸大橋線児島駅内の観光案内所ではレンタサイクルを借りることが出来る。

旧鷲羽山駅からは10分程の、鷲羽山山頂ー鍾秀峰(しょうしゅうほう)ーからは、瀬戸内
海の絶景を楽しむことが出来る。

下のGoogleMapに人形を落とせば旧児島駅から出発して「風の道」の散歩を地図上で楽
しむことができます。

交通  瀬戸中央自動車道児島ICより車約5分
駐車場  無し