児島高徳供養塔ー上寺山餘慶寺ー

児島高徳供養塔

上寺山一帯は、その昔、和田範長一族の居城や居館のあった処であり、児島高徳が7歳の頃から一族によって育てられた処でもある。その後も、児島高徳は、ここを拠点として活躍をしている。今も、余慶寺は昔の姿であり、明王院や恵亮院は和田一族の菩提寺として現存している。

Sponsored Link



名称  上寺山 餘慶寺 児島高徳公・和田範長一族供養塔
所在地  〒701-4232 瀬戸内市邑久町北島
TEL  0869-22-1982 瀬戸内市観光協会邑久支部
概要  ここ上寺山を中心とする一帯の地はその昔、和田範長一族の居城や居館のあった処。

児島高徳が7歳の頃から一族によって育てられ、立派な武士となり22歳の時、後醍醐天皇が
隠岐遷幸の途中を船坂山で待ちうけて奪い返そうとしたが失敗。

院庄まで後を慕うて行き、桜木に十字の詞を書き留めて帰った処であり、又25歳の年、
足利尊氏が叛いて九州から攻め上がって来た時に熊山に旗挙げをして新田義助を助け
に行ったのも、ここから出陣した。

その時、居館を焼き払ったり、兵火のため居城が焼かれたため、其後は廃墟となり、
今日では今木、大富、射越、原、松崎など太平記にある諸将の名が地名として残って
いるのみである。

しかし、余慶寺は昔の姿であり、明王院や恵亮院は和田一族の菩提寺として現存している。

このような史跡でありながら、世人にあまり知られず戦後に山麓に土地開発の波がおし
よせつつある。

このままにして置くと、いつかは、大切な史跡も跡方もなく消え失せるおそれがある。

そこで、私達は、ここにこの供養塔を建てて、この史跡を保存し、これら南朝の大忠臣を
顕彰せんとするのであります。

昭和45年寅年6月20日 和田範長公第637回忌の日 上寺山児島高徳公史跡保存会
供養塔建設委員(現地案内板)

交通  JR赤穂線西大寺駅より車約10分、

岡山ブルーライン瀬戸内ICより車約5分、

岡山ブルーライン西大寺ICより車約5分

駐車場   普通車10台
児島高徳・和田範長一族系図ー上寺山餘慶寺ー

高徳・和田一族系図