下津井港ー祇園神社のある祇園鼻の東西に隣接ー

下津井港

下津井港

鷲羽山の麓の長浜と呼ばれていた浜には四つの港が連なっており(西から下津井港、吹上港、田之浦港、大畠港)これらを総称して下津井港と呼ばれていた。この港はその内最も西、祇園神社の祀られている祇園鼻を挟んで東西に隣接した港で、いわゆる下津井本港に当たる港である。現在は西側を県管理の下津井港、東側を県管理の下津井漁港と呼称している。

Sponsored Link



古くから瀬戸内海を東西・南北に結ぶ海運や軍事の要衝として利用され、江戸時代になると備前岡山藩下津井城の城下町も置かれた。
一国一城令(慶長20年ー1615年ー)による廃城後も、北前船の寄港地としてまた、由加山と讃岐の金毘羅宮の両参りの参拝客などで賑わった。

明治以降も瀬戸大橋が出来るまでは、四国丸亀航路が運航され、また、JR瀬戸大橋線(旧国鉄宇野線)茶屋町駅とここ下津井港(下津井駅)を結ぶ下津井鉄道が運行されるなど四国と岡山を結ぶ海上交通の要衝の一つとしてその地位を保ってきた。

下津井港-2

下津井港-2

左中央に見える小高い丘が祇園神社の祀られている祇園鼻。向こうに見えるつり橋は瀬戸大橋。

下津井漁港

下津井漁港

中央付近で山頂に祇園神社の屋根が見える丘が祇園鼻。祇園鼻の手前に見える港が現在の下津井漁港で祇園鼻の陰にある港が下津井港。

下津井港

下津井港

Follow me!

前の記事

下津井港

次の記事

吹上港