岡山県内の観光・旅行・県内へ移住希望の方-ご参考サイト!-岡山再発見の旅-
  • 瀬戸内海 from 八丈岩

Sponsored Link



岡山再発見の旅

このサイトは、岡山大好きな私が岡山再発見の旅をしながらの記録です。
岡山を観光やぶらり旅に、またそんなに良い所なら移住を検討しようかと思って訪れる方々のご参考になれば幸いです。その地を良く知るには?ーキャンプの旅も一法ー

岡山県は、瀬戸内地方の中央に位置し、南北を四国山地と中国山地に挟まれ、東西は九州の山々や紀伊半島の山々で遮られている為、「晴れの国おかやま」で代表されるように台風や積雪、雨も少なく気候も温暖で果物をはじめ新鮮な農水産物にも恵まれています。

瀬戸内地方の気候の穏やかさは、天気予報で瀬戸内海の波の高さが通常時で、0.5mと太平洋や日本海の通常時の1.5m~2mに比べて格段に低く予報されているとからも容易に理解できます。
地中海に面したフランス南部プロヴァンスコート・ダジュール地方に似た気候としても知られています。

また、県内には、高梁川、旭川、吉井川の三大河川が均衡よく流れ、大きな活断層もなく、南部の干拓地を除くと地盤も固く地震に強いと言われている地域が多くあります。

このようなことから、古くは吉備の国として大和政権にも匹敵する強い国として栄えましたが、余りにも強大であったため、それを恐れた時の為政者により、「備前」(岡山県南東部)、「備中」(岡山県西部)、「備後」(広島県東部)、「美作」(岡山県北部)の四つに分断されたと言われています。

岡山県は、その後も先人たちの努力で広大な干拓地「岡山平野」、「備前焼」、「もも」や「マスカット」、「ももたろうぶどう」、「名刀長船」、「ジーンズ」、「帆布」、「大原美術館」、「水島臨海工業地帯」など数々の素晴しい特産物や文化・産業も育ってきました。

岡山県発展の基礎は、先人たちの努力は勿論、その気象、地理的な条件と位置的にも東西南北の交通の要衝であるという理由も大きく関わっているのではないでしょうか?

このサイトでは、旅をしながら、そのような岡山発展の謎解きもしていきたいと思っております。

Sponsored Link



旅日記

豪円山

豪円山(標高891m)は、「呼滝山」と呼ばれていたが、17世紀、大山寺の中興の祖として活躍した豪円僧正の名をとって「豪円山」と呼ばれるようになったと言われ、山頂には豪円地蔵が祀られている。登山路からは、大山北壁方面の眺望がすばらしく、山頂からは、日本海や弓ヶ浜、米子市街方面まで見渡すことができる。

豪円山方面ー手前は中の原スキーセンターー

大山ホワイトリゾート

大山登山の玄関口、大山寺地域の東部にあるスキーリゾートで、中の原エリア、豪円山エリア、上の原エリア、国際エリアの連なった4エリアから成っている。雄大な大山の斜面を利用した、日本海や弓ヶ浜の見えるゲレンデは、西日本一の規模。周辺には宿泊施設も充実し、車で30分ほどの所には皆生温泉もある。

中の原エリアー大山ホワイトリゾートー

大山ビューハイツ

豪円山の南東側、大山ホワイトリゾート、中の原エリア、中の原スキーセンターに並んで建てられている。ここから、夏には緑の美しい中の原スキー場の背後に荒々しく雄大な大山の北壁を眺めることができる。この素晴らしい環境の下で山陰の海の幸、山の幸を楽しむのは如何?

大山ビューハイツ

豪円山キャンプ場

大山寺の博労座から東に約500m、豪円山の下、中の原スキー場との間にある。豪円山山頂からの大山北壁の眺めは素晴らしく、北方には弓ヶ浜、中海、日本海の遠望を楽しむこともできる。また、大山を開山した金蓮上人の供養塔がある寂静山を越えて大神山神社奥宮へ参詣する遊歩道も整備されている。

下山キャンプ場

大山の玄関口である大山寺地区のブナ林(標高約750m)の中大山登山道入口付近にあるキャンプ場。登山基地として、また大山寺や大神山神社奥宮参拝、大山寺周辺の自然や歴史を訪ねての散策にも最適でありシーズンには多くのキャンパーで賑わう。

下山キャンプ場
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © たびおか-旅岡山・吉備の国- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.