岡山県内の観光・旅行・県内へ移住希望の方-ご参考サイト!-岡山再発見の旅-

真庭市

hiruzen-heights-panorama2

真庭市は、平成の大合併で県内の三大河川旭川の源流域、上流域に広がる上房郡北房町、真庭郡勝山町、落合町、湯原町、久世町、美甘村、川上村、八束村、中和村が合併してできた県下一の面積を有する市である。

Sponsored Link



久世から勝山を通って美甘、新庄へと続く出雲街道沿いには江戸時代の面影を残す宿場町が連なっている。中でも旭川が南北に貫く勝山の町は、三浦藩二万三千石の城下町としてまた、高瀬舟による物資輸送の発着地として栄えた。旭川東岸には、当時を偲ぶ白壁の美しい町並みが残っており、県下で最初の町並み保存地区に指定された。

勝山の街並みを通り越え北に上ると「日本の滝百選」の一つ「神庭の滝」があり新緑や紅葉の時期には周囲の木々との間に素晴らしい景観を見せてくれる。さらに旭川を上流にたどると全国露天風呂番付で「西の横綱」にランクされた天然の露天風呂「砂湯」で知られた湯原温泉郷を経て西の軽井沢とも呼ばれる雄大な自然の「蒜山高原」に辿り着く。

南の北房エリアはコスモスの里として、また落合エリアは、推定樹齢1,000年、後醍醐天皇ゆかりの醍醐桜で知られそれぞれの花の時期には多くの人々が訪れる。人口 48,544人。

真庭市-市役所 TEL 0867-42-1111 〒719-3292 岡山県真庭市久世2927番地2
人口 48,544人 うち65歳以上人口 16,846人(34.7%) 世帯数 17,864世帯 総面積 828.53㎢

Sponsored Link



主な見所-蒜山高原津黒高原、神庭の滝、勝山町並み保存地区、湯原温泉、醍醐桜、旧遷喬尋常小学校、クリエイト菅谷、コスモスの里、備中鐘乳洞

祭り・イベント等-露天風呂の日(6月26日)、ホタル観賞月間(6月)、大宮踊(8月)、海の市・山の市(9月)、勝山祭り喧嘩だんじり(10月)、久世祭りだんじり喧嘩(10月)、蒜山高原マラソン全国大会(10月)、ひるぜん雪恋まつり(2月)、北房ぶり市(2月)、勝山のお雛まつり(3月)

名物・特産-真庭ブランド(高田硯、郷原漆器、青大豆「キヨミドリ」、御前酒「ひるぜんの恵」、蒜山ヤマブドウ製品、とみはら茶(緑茶)、紅こうじ米酢「紅酢」、落合羊羹(舟形)、蒜山ジャージ乳製品、深山のかおり、モコブリック製品、久世代官梨、ひるぜんこだわり大根、富原銘茶(緑茶))、こけらずし、ピオーネ、ひるぜん焼そば、真庭ペレット

市の木-ヒノキ、市の花-サクラ、市の動物-オオサンショウウオ・ジャージ牛

蒜山高原エリア湯原温泉郷勝山地区久世・美甘地区落合・北房地区

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © たびおか-旅岡山・吉備の国- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.