城下町 勝山

城下町 勝山

勝山は古くから作州西部における政治・経済の要衝として重要な位置にあった。現在に残る城下町の基礎が出来上がったのは、江戸中期の明和元(1764)年三浦明次が三河国西尾から家臣団300人を連れて入り、2万3千石の藩主となってからである。

Sponsored Link



名称  城下町 勝山
所在地  〒717-0013 真庭市勝山
TEL  真庭市産業政策課 0867-42-1033
概要  攻防を繰り返した中世の「高田」、中世から近世初期にかけての勝山は「高田」
と呼ばれ、政治的にも経済的にも西部作州の重要な位置にあった。

そこへ室町初期の14世紀末、関東から入った三浦貞宗が高田城を築いたが、その
後尼子氏、毛利氏との攻防を繰り返し、百八十数年の乱世を経て1576年(天正4年)
”前の三浦氏”は滅亡した。

その後宇喜田氏、小早川氏そして津山藩森氏の支配を経て幕府領となり、江戸中期
ようやく”後の三浦氏”を迎えて新しい繁栄の時代を築くことになる。

2万3千石城下町繁栄の時代の「勝山」、勝山をとりまく長い乱世の時代も治まり、
江戸も中期の1764年(明和元年)三浦明次が三河国西尾から家臣団300人を連れて
入り、2万3千石の藩主となった。

旧高田城跡に新しい城を築き「勝山城」と改めた。勝山の名の始まりである。

太鼓山の西麓に三の丸を設け藩主の館、役所、家老屋敷をおき、旭川川岸に沿って
塀を巡らせ、城内を形づくった。

最近まで勝山の人々はその地域を「御城内」(現在の町役場がある一帯)と呼んでいた。
太鼓山の南麓の旦地区に武家屋敷をおき、寺院を配置した。

下手の旭川沿いに職人町、商人町(現在の町並み保存地区)を設け、城下町を完成した。

現在、川沿いに伸びる古い町並み、旦地区に残る武家屋敷あるいは寺院の配置等に
城下町2百数十年の歴史が感じられる。

参考資料:「勝山ズームアップマップ」
岡山県真庭ふるさと振興協会 Tel0887-44-2016 岡山県真庭地方振興局 Tel0867-44-3111作成

主な見所  勝山町並み保存地区勝山城跡ー三の丸遺跡ー、御前酒ー辻本店ー、
安養寺ー三浦家菩提寺ー、妙円寺玉雲宮化生寺殺生石勝山武家屋敷館
明徳寺高田神社勝山郷土資料館郷宿椎の木御殿ー旧藩主居宅三浦邸ー
交通  JR姫新線中国勝山駅より徒歩約5分、

米子自動車道久世ICより車約15分、

中国自動車道落合ICより車約20分

駐車場  勝山城内駐車場、勝山中町駐車場、勝山山本町駐車場

Sponsored Link