阿宗神社

阿宗神社

桃太郎伝説(温羅伝説)ゆかりの地を訪ねている中で、吉備津神社、鳴釜神事で語られている温羅の妻、阿曽媛が奉仕していた神社との情報を得てここ阿宗神社を訪ねた。現地では阿曽媛と阿宗神社との関係はつかめなかったが、丁度輪くぐりの準備をされていた氏子の方から藤井フミヤが先日この神社を訪れ、その番組が今日(2018年7月21日)の17時から放映されるとの情報を得ることが出来た。

Sponsored Link



名称 阿宗神社
所在地 〒719-1101 総社市奥坂96
TEL 0866-99-9931
御祭神 応神天皇、神功皇后、玉依姫命、吉備武彦命
概要 創建年代は不詳。

延喜式内記載漏れの神社なること岡山県古社明細帳に有り。

社伝によると旧号を宮原社と称した。

三代実録によると、貞観6年(864)2月従五位下、同10月従五位上の神階を授けられた
(温羅征服の由緒により)。

旧藩主木下家から神輿二台、社領六畝八歩、社務所、御供所等の寄進があった。

後に宮原社は奥坂の八幡社に合祀せられた大正10年9月八幡神社の境内社を合祀して、新に阿宗神社
と称するに至った。

吉備郡中神階第一位の神社にて奥坂、西阿曽、東阿曽三大字の産土の神社なり。
(現地案内板および岡山県神社庁ホームページを参考)

藤井フミヤ 「藤井フミヤスペシャル 岡山で観た。本当の桃太郎伝説!」

2018年7月21日(土)17:00~17:55、BSフジで放映。

2018年5月24日、日本遺産(文化庁選定)に「桃太郎の生まれたまち おかやま~古代吉備の遺産
が誘う鬼退治の物語~」として桃太郎伝説にまつわる岡山県の27の文化財が認定されたことによる放映。

番組内で阿宗神社は、古代吉備の国が製鉄の技術で国内では最先端の技術を有していた所にある神社
として登場。

他に、作山古墳吉備津彦神社楯築遺跡鬼ノ城なども巡り桃太郎伝説の謎を紐解いていく。

交通 岡山自動車道岡山・総社ICより車で約15分、

JR総社駅より車で約25分

駐車場 有り

Sponsored Link



阿宗神社には、拝殿が二つあり向かって右側の拝殿の前には、鳥居も建てられているが神社名は明らかでない。

Sponsored Link