五流尊瀧院石碑ー五流尊瀧院ー

五流尊瀧院石碑

江戸時代に賑わった金比羅往来を歩いてみるのも面白い。早島ー茶屋町ー天城ー藤戸から林を経て、由加にある瑜伽大権現へ通じていた。瑜伽山への途中には熊野神社と五流尊瀧院があり、瑜伽山を含めて新熊野三山と呼ばれ大いに賑わった。

Sponsored Link



名称  五流尊瀧院
所在地  倉敷市林952
TEL  086-485-0027
宗派 修験道
概要  奈良時代(8世紀)、役小角(えんのおづぬ)が伊豆の国に流された時、五人の高弟子
(義学・義玄・義真・寿玄・芳玄)たち約300人が紀州熊野の十二社権現のご神体を
守護して瀬戸内海へ逃れ、各地を遍歴した後、児島の柘榴(ざくろ)浜(現在の下之町)
に上陸、天平宝字5(761)年、現在地に社殿を建立したのが、その起源だという。

5人の高弟たちの建てた五流寺院ー建徳院・伝法院・大法院・尊瀧院・報恩院
もとは新熊野権現と言われていたが、現在では五流尊瀧院と熊野神社とに別れている。

「お日待ち祭」は、1,300年の伝統を誇っており、毎年旧正月23日夜から翌日まで行われる。

また10月4日・5日は権現大祭も行われる。

重文  岡山県指定重要文化財 建造物 昭和49年5月31日指定、

尊瀧院(そんりゅういん)ほか四カ院(建徳院・伝法院・大法院・報恩院)三重塔、

初重の柱間が4.3m、総高21.5m、寺の資財台帳に、江戸時代後期の文政3(1820)年建立の
記録があるが、古い様式を継承した優れた三重塔である。

国指定重要文化財 石造美術 昭和31年6月28日指定、

五流尊瀧院宝塔(ごりゅうそんりゅういんほうとう)、

総高3.3m、花崗岩製、後鳥羽上皇の供養のため建立されたと伝えられ、笠の軒反り等に鎌倉時代の特色が表れている。

岡山県指定重要文化財 史跡 昭和48年5月15日指定、

新熊野山(しんくまのさん)、

五流修験道の本拠地で、紀州熊野三山になぞらえて「新熊野山」と称したという。

山内に五流尊瀧院、熊野神社などがある。

特記 熊野神社または五流尊瀧院の駐車場に車をおいて、参詣しこの熊野神社と五流尊瀧院の間を
結ぶ路地を散策するのをお勧めする。

間にある真浄院を通って通じている。古い時代にタイムスリップしたような風景が展開する。

交通  JR瀬戸大橋線木見駅より徒歩約20分または茶屋町下車車約10分、

瀬戸中央自動車道水島ICより車約5分

駐車場  普通車50台、バス5台

Sponsored Link