日本三大稲荷 高松最上稲荷

最上稲荷本殿

最上稲荷本殿

約1,200年前に報恩大師創建した日本三大稲荷の一つで神仏混合の姿を今も残し、五穀豊穣・商売繁盛の神として全国から幅広い善男善女の信仰を集めている。奥之院への参道は季節の変化を感じることが出来、見晴らしも良いお勧めの散歩道。

Sponsored Link



最上稲荷 霊応殿

最上稲荷 霊応殿

最上稲荷 霊応殿

霊応殿(最上稲荷 旧本殿)は、寛保元年(1741年)、最上稲荷七世日道聖人(1704~1769)によって再建された。本殿、経王殿、拝殿、前殿の四棟からなり、屋根は総て檜皮葺。一直線に配されており、中世の寺社の特徴を有する。

最上稲荷 縁の末社

最上稲荷 縁の末社

最上稲荷 縁の末社

縁の末社には、良縁をお願いする縁結びの社、縁引天王と、悪縁を断つためにお参りする離別天王が並んで祀られている。先ず悪縁を断つために離別天王にお参りし、悪縁退散をお願いした後に、縁引天王に良縁成就をお願いしに参るのが良い。

名称  日本三大稲荷 高松最上稲荷
所在地  岡山市北区高松稲荷712
TEL  086-287-3700
ご本尊 最上位経王大菩薩(最上さま)ー法華経の精神をこころに、お慈悲をもらって我々の苦しみを和らげ安らぎをお与えになる尊い存在という意味が込められたお名前。
概要  奈良時代の天平勝宝4(752)年に報恩大師が創建したと伝えられ、今では珍しい神仏習合の形を残している。

京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷と並んで日本三大稲荷の一つに数えられている。

ご利益 五穀豊穣、商売繁盛、開運など
年中行事 新春開運大祈願祭ー元旦~十五日、節分豆まき式ー二月節分の日、初午祭ー二月節分後の最初の午の日、春季彼岸会ー三月彼岸入の日、花まつりー四月八日、比島観音年次祭ー五月三日、鑽仰茶会ー五月(中旬)、清正公祭ー五月第三木曜日、妙見祭ー六月第二日曜日、開山報恩大師会・報恩忌俳句大会ー六月二十八日、七夕まつりー七月七日、夏季大祭ー七月第三日曜日、盂蘭盆会ー八月十三日~十五日、最上位経王大菩薩年次祭ー九月十五日、秋季彼岸会ー九月彼岸の中日、印塚祭ー十月一日、御会式ー十月十六日、七五三まつりー十一月一日~三十日、お火たき大祭ー十二月第二日曜日とその前日、終年感謝祭ー十二月二十九日、朔日参りー毎月一日(朔日の市も開催ーただし、一月、二月を除く)、縁の末社で両縁参りー毎月七日(一月を除く)、三十番神特別祈祷ー毎月二十二日、水子観音月例祭ー毎月第四土曜日(十二月と一月を除く)
参拝時間  原則として境内は自由、稲荷窓口は5:30~19:00
交通  JR吉備線備中高松駅より車約5分、

JR岡山駅より稲荷山行バス40分、終点下車徒歩10分、

岡山自動車道岡山総社ICより車約10分

駐車場  周辺に民間の有料駐車場が有る。普通車5,000台、バスも可能
高松最上稲荷パノラマ

高松最上稲荷

Sponsored Link



八丈岩からの眺めー最上稲荷ー

八丈岩からの眺め

Follow me!