最上稲荷本殿

最上稲荷本殿

約1,200年前に報恩大師創建した日本三大稲荷の一つで神仏混合の姿を今も残し、五穀豊穣・商売繁盛の神として全国から幅広い善男善女の信仰を集めている。奥之院への参道は季節の変化を感じることが出来、見晴らしも良いお勧めの散歩道。

Sponsored Link



名称  高松最上稲荷
所在地  岡山市北区高松稲荷712
TEL  086-287-3700
概要  奈良時代の天平勝宝4(752)年に報恩大師が創建したと伝えられ、今では珍しい
神仏習合の形を残している。

京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷と並んで日本三大稲荷
の一つに数えられている。

参拝時間  原則として境内は自由、稲荷窓口は5:30~19:00
交通  JR吉備線備中高松駅より車約5分、

JR岡山駅より稲荷山行バス40分、終点下車徒歩10分、

岡山自動車道岡山総社ICより車約10分

駐車場  周辺に民間の有料駐車場が有る。普通車5,000台、バスも可能
高松最上稲荷パノラマ

高松最上稲荷

Sponsored Link



八丈岩からの眺めー最上稲荷ー

八丈岩からの眺め